【簡潔に】次亜塩素酸による殺菌・消毒の作用機序

次亜塩素酸(HOCl)は水分子(HOH)の水素が一つ塩素に置き換わった化合物です。強力な殺菌作用があり、昔から医療や食品業界で使われてきました。

ところで、なぜ次亜塩素酸が強力な殺菌作用を発揮するのでしょうか。ここでは、そのメカニズムについて述べたいと思います。

参考にした資料日本食品微生物学会雑誌

次亜塩素酸に含まれる塩素は、酸素に電子を一つ取られている塩素ラジカル(Cl+)の状態で、非常に不安定です。塩素が安定な状態になる為には、電子を2つ足して、塩化物イオン(Cl-)の状態になる必要があります。そこで塩素ラジカルは、他の化合物から無理やり電子を奪うことで安定になろうとします。ターゲットとなりやすい部位は、図に書いたようなC=Cなどの結合部位であることが分かっています。このような部位はどこにあるのかというと、細菌やウイルスの構成蛋白質や核酸などです。細菌やウイルスの中に入り込んだ次亜塩素酸は、蛋白質や核酸から無理矢理電子を奪います。奪われた細菌やウイルスは壊れてしまい、生きていくことができません。

もちろん、蛋白質や核酸からできているのは、僕たち人間やペット等の動物も同じです。使い方を間違えれば健康被害が出る可能性がありますので、使用上の注意をしっかりと守りましょう。

コメント

  1. […] 【簡潔に】次亜塩素酸による殺菌・消毒の作用機序 […]

タイトルとURLをコピーしました